その理由は

歯周病とは、歯石に棲みついているストレプトコッカス・ミュータンス菌がもとになって歯茎に炎症が起き、歯茎に植わっている骨が溶けてしまう病気で、歯周病をきっかけとして歯を失うことにもつながります。

大人の口内には300種類~400種類くらいの種類の細菌がいるのですが、これらが固まると歯石となり、次第に歯肉の炎症につながってしまうのです。

歯周病の原因は不十分な歯磨き以外にも複数存在し、喫煙、食事、ストレス、糖尿病、骨粗鬆症、薬の長期服用など多くの種類があります。

歯周病は医師の努力で可能になってきましたが、どうしても完治は難しいので、大前提として自力で防ぐことが大事です。

そのため、口腔疾患は、まずは歯磨きが全てになりますので、歯科医院で歯磨きをちゃんと指導してもらい、できるだけかかる前から予防するよう努めましょう。

歯磨き剤を買う基準の1つとして、発泡剤が全く成分として使われていないものが望ましいです。

発泡剤が使用された歯磨き粉で歯を磨くと、歯を磨いた時に口の中が泡立つため、理想的な歯磨きが出来たと思いがちですが、それは残念ながら間違いです。

かえって泡だらけになってしまうことで口の中がよく見えず、清掃するところをしっかり磨けないというマイナス点が生じてしまうのです。

歯磨きは口腔環境を改善することが目標なので、その目的に対して悪影響を与えるものが入っている歯磨き粉が不適切なものであることは明白なのです。

歯磨き粉の成分には色々なものがありますが、歯科医がすすめないものとしてその他に研磨剤も良く取り上げられます。

研磨剤は歯を薄くですが削ってしまうので、短期的には歯がツルツルになったような、長い目で見れば歯に着色してしまう原因になります。

歯磨き剤は必要性を感じないと言っている歯医者が大多数なので、最低限、イメージだけで選ぶのはやめましょう。

フッ素入りの歯磨き剤を我が娘に使うのは危険ではないか、と考える母親がいます。
スピード買取.jp

理由なのですが、フッ素をたくさん摂取すると、フッ素中毒や斑状歯といった病態が生じるかもしれないので、ということです。

フッ素は、常識を超える大量のフッ化物の含有量が認められる水を飲んだら、健康に悪い影響がある危険性があるのは、お医者さんの周知事項です。

つまり、換言すると、歯磨き剤から取り込むくらいの量だとしたら、そんなに気にする必要はないというのが普通ですから安心して問題ありません。