使い続けると歯に着色してしまう原因になります

糖尿病にかかると生体本能である抵抗力が下がるので、歯周辺の組織が毛細血管を通じて細菌に容易に感染するようになり、その結果、歯周病にもなりやすくなってしまうのです。

また、糖尿の人は唾液の分泌量が減るので、口腔内をアルカリ性に保ちにくいので、虫歯になりやすいというわけです。

糖尿持ちの歯周病患者に治療をすると、血糖値が正常値に近づくことがあるので、これを根拠として歯周病が糖尿病の症状にも作用しているのではないかと考えられているのです。

血糖値が高くても自分では分かりませんので、自分が糖尿病であることに気付けない人がほとんどですが、虫歯の治療がきっかけで糖尿病の可能性に気付くことがあるわけです。

糖尿病だけでなく、口腔内の健康は全身の状態に関連性があるという意見もあるので、歯磨きは正しく行いましょう。

歯周病とは、歯垢に棲みつく細菌が原因で歯茎に炎症が生じ、歯茎に植わっている骨が溶けてしまう病気で、歯周病がもとで歯を失うことにもつながります。

産まれたての赤ちゃんを除けば、口腔内には250種類~500種類の細菌が棲みついているのですが、これらの細菌が固まって歯石となり、それは歯肉炎の原因となるのです。

歯周病の原因は口腔ケアが不十分なこと以外にも複数存在し、歯ぎしりのクセ、喫煙、食生活の偏り、ストレス、糖尿病、骨粗鬆症、薬の長期服用などがあります。

歯周病は医学の進歩で進行を食い止めることも不可能ではなくなりましたが、どうしても完治は難しいので、大前提として予防するつもりでいることが必要です。

そのため、口腔疾患は、まずは歯磨きがすべてと言っても過言ではありませんので、歯医者でブラッシングを教えてもらい、できるだけかかる前から予防するよう頑張りましょう。

ハブラシの交換をする間隔は様々ですが、歯科衛生士が推奨している間隔は結構短期間で、3週間です。

ハブラシはパッと見は汚くなくても、時が経つことで毛先に目に見えない細菌が無数につくので、思っている以上に不潔なのです。

また、毛先が開くことによって歯と歯の間に先端が到達しないので、食べかすを確実に除去することが出来ないのです。

歯ブラシは毛先の硬さに違いがあるのが普通ですが、どちらかを選べと言われればやわらかめのものを使用するのが良いでしょう。

裕福なお客さんを狙って、品質の良いハブラシも販売されていますが、歯ブラシには1本にお金をかけすぎるのではなく、時々取り替えるのが最も効果的です。
かいごDB