タバコ

歯石は水溶性がなく、粘着性があるために洗口だけでは取り除くことがほぼ不能ですので、歯間ブラシがどのくらいきちんと行われているかが決め手になるのです。

歯周病と糖尿病は普通に考えれば全く別々の病気でしかありませんが、両者はとてもつながりが深いのです。

糖尿病に罹患すると生体本能である抵抗力が下がるので、歯周辺の組織が毛細血管を通じて細菌に感染しやすくなり、その結果、歯周病にもなるというメカニズムです。

また、糖尿病の患者は唾液が普通の人よりも少ないので、口腔内の酸が減らないので、虫歯や歯周病を引き起こしやすいわけです。

糖尿病と診断されている歯周病患者を治療することで、血糖値が健康な人と同じくらいになることがあるので、ここから歯周病が糖尿病の症状にも作用しているのではないかと想像できます。

高血糖は、糖尿病が進行していない限り自覚症状がありませんので、まさか自分が糖尿病だと気付いていない患者が多いのですが、歯周病と診断されたことで血糖値が異常であることに気付くことがあるわけです。

糖尿病だけでなく、口の中の健康は全身の状態に影響を与えるという説もありますので、ブラッシングはちゃんと習慣化しましょう。

インプラントとは、簡単に説明すると入れ歯。歯周病や怪我が原因で歯が欠けたところに作られた人工の歯根を植え、その上に人工の歯を乗せるイメージです。

インプラントは健康保険の適用外であるためとても費用が高く、1本ごとの値段は20万円~50万円もしてしまいます。

高いと感じる人の方が多いかもしれませんが、インプラントはその技術を導入するために多くのコストがかかりますので、致し方ないところもあります。

インプラントの利点は、単なる入れ歯とは違い、周囲の歯にかかる負担を少なくすることが可能な点です。

真面目に治療を行っている歯科医であれば費用については間違いなく解説してくれますので、早まらず理解できるまで質問して、それから治療を受けましょう。

歯周病とは、歯石に棲みついているストレプトコッカス・ミュータンス菌がもとになって歯茎に炎症が起き、歯を支える骨が溶ける病気であり、これが原因で歯を失うことにもつながります。
わきが クリーム

口腔内には300種類~450種類の細菌(虫歯菌もその1つ)がいますが、これらが固まると歯石となり、それは歯肉炎の原因となるのです。

歯周病の原因は歯磨きができていないこと以外にもたくさんあり、歯ぎしり、食習慣、喫煙、ストレス、糖尿病、骨粗鬆症、薬の長期服用などがあります。