月別アーカイブ: 2017年2月

タバコ

歯石は水溶性がなく、粘着性があるために洗口だけでは取り除くことがほぼ不能ですので、歯間ブラシがどのくらいきちんと行われているかが決め手になるのです。

歯周病と糖尿病は普通に考えれば全く別々の病気でしかありませんが、両者はとてもつながりが深いのです。

糖尿病に罹患すると生体本能である抵抗力が下がるので、歯周辺の組織が毛細血管を通じて細菌に感染しやすくなり、その結果、歯周病にもなるというメカニズムです。

また、糖尿病の患者は唾液が普通の人よりも少ないので、口腔内の酸が減らないので、虫歯や歯周病を引き起こしやすいわけです。

糖尿病と診断されている歯周病患者を治療することで、血糖値が健康な人と同じくらいになることがあるので、ここから歯周病が糖尿病の症状にも作用しているのではないかと想像できます。

高血糖は、糖尿病が進行していない限り自覚症状がありませんので、まさか自分が糖尿病だと気付いていない患者が多いのですが、歯周病と診断されたことで血糖値が異常であることに気付くことがあるわけです。

糖尿病だけでなく、口の中の健康は全身の状態に影響を与えるという説もありますので、ブラッシングはちゃんと習慣化しましょう。

インプラントとは、簡単に説明すると入れ歯。歯周病や怪我が原因で歯が欠けたところに作られた人工の歯根を植え、その上に人工の歯を乗せるイメージです。

インプラントは健康保険の適用外であるためとても費用が高く、1本ごとの値段は20万円~50万円もしてしまいます。

高いと感じる人の方が多いかもしれませんが、インプラントはその技術を導入するために多くのコストがかかりますので、致し方ないところもあります。

インプラントの利点は、単なる入れ歯とは違い、周囲の歯にかかる負担を少なくすることが可能な点です。

真面目に治療を行っている歯科医であれば費用については間違いなく解説してくれますので、早まらず理解できるまで質問して、それから治療を受けましょう。

歯周病とは、歯石に棲みついているストレプトコッカス・ミュータンス菌がもとになって歯茎に炎症が起き、歯を支える骨が溶ける病気であり、これが原因で歯を失うことにもつながります。
わきが クリーム

口腔内には300種類~450種類の細菌(虫歯菌もその1つ)がいますが、これらが固まると歯石となり、それは歯肉炎の原因となるのです。

歯周病の原因は歯磨きができていないこと以外にもたくさんあり、歯ぎしり、食習慣、喫煙、ストレス、糖尿病、骨粗鬆症、薬の長期服用などがあります。

使い続けると歯に着色してしまう原因になります

糖尿病にかかると生体本能である抵抗力が下がるので、歯周辺の組織が毛細血管を通じて細菌に容易に感染するようになり、その結果、歯周病にもなりやすくなってしまうのです。

また、糖尿の人は唾液の分泌量が減るので、口腔内をアルカリ性に保ちにくいので、虫歯になりやすいというわけです。

糖尿持ちの歯周病患者に治療をすると、血糖値が正常値に近づくことがあるので、これを根拠として歯周病が糖尿病の症状にも作用しているのではないかと考えられているのです。

血糖値が高くても自分では分かりませんので、自分が糖尿病であることに気付けない人がほとんどですが、虫歯の治療がきっかけで糖尿病の可能性に気付くことがあるわけです。

糖尿病だけでなく、口腔内の健康は全身の状態に関連性があるという意見もあるので、歯磨きは正しく行いましょう。

歯周病とは、歯垢に棲みつく細菌が原因で歯茎に炎症が生じ、歯茎に植わっている骨が溶けてしまう病気で、歯周病がもとで歯を失うことにもつながります。

産まれたての赤ちゃんを除けば、口腔内には250種類~500種類の細菌が棲みついているのですが、これらの細菌が固まって歯石となり、それは歯肉炎の原因となるのです。

歯周病の原因は口腔ケアが不十分なこと以外にも複数存在し、歯ぎしりのクセ、喫煙、食生活の偏り、ストレス、糖尿病、骨粗鬆症、薬の長期服用などがあります。

歯周病は医学の進歩で進行を食い止めることも不可能ではなくなりましたが、どうしても完治は難しいので、大前提として予防するつもりでいることが必要です。

そのため、口腔疾患は、まずは歯磨きがすべてと言っても過言ではありませんので、歯医者でブラッシングを教えてもらい、できるだけかかる前から予防するよう頑張りましょう。

ハブラシの交換をする間隔は様々ですが、歯科衛生士が推奨している間隔は結構短期間で、3週間です。

ハブラシはパッと見は汚くなくても、時が経つことで毛先に目に見えない細菌が無数につくので、思っている以上に不潔なのです。

また、毛先が開くことによって歯と歯の間に先端が到達しないので、食べかすを確実に除去することが出来ないのです。

歯ブラシは毛先の硬さに違いがあるのが普通ですが、どちらかを選べと言われればやわらかめのものを使用するのが良いでしょう。

裕福なお客さんを狙って、品質の良いハブラシも販売されていますが、歯ブラシには1本にお金をかけすぎるのではなく、時々取り替えるのが最も効果的です。
かいごDB

その理由は

歯周病とは、歯石に棲みついているストレプトコッカス・ミュータンス菌がもとになって歯茎に炎症が起き、歯茎に植わっている骨が溶けてしまう病気で、歯周病をきっかけとして歯を失うことにもつながります。

大人の口内には300種類~400種類くらいの種類の細菌がいるのですが、これらが固まると歯石となり、次第に歯肉の炎症につながってしまうのです。

歯周病の原因は不十分な歯磨き以外にも複数存在し、喫煙、食事、ストレス、糖尿病、骨粗鬆症、薬の長期服用など多くの種類があります。

歯周病は医師の努力で可能になってきましたが、どうしても完治は難しいので、大前提として自力で防ぐことが大事です。

そのため、口腔疾患は、まずは歯磨きが全てになりますので、歯科医院で歯磨きをちゃんと指導してもらい、できるだけかかる前から予防するよう努めましょう。

歯磨き剤を買う基準の1つとして、発泡剤が全く成分として使われていないものが望ましいです。

発泡剤が使用された歯磨き粉で歯を磨くと、歯を磨いた時に口の中が泡立つため、理想的な歯磨きが出来たと思いがちですが、それは残念ながら間違いです。

かえって泡だらけになってしまうことで口の中がよく見えず、清掃するところをしっかり磨けないというマイナス点が生じてしまうのです。

歯磨きは口腔環境を改善することが目標なので、その目的に対して悪影響を与えるものが入っている歯磨き粉が不適切なものであることは明白なのです。

歯磨き粉の成分には色々なものがありますが、歯科医がすすめないものとしてその他に研磨剤も良く取り上げられます。

研磨剤は歯を薄くですが削ってしまうので、短期的には歯がツルツルになったような、長い目で見れば歯に着色してしまう原因になります。

歯磨き剤は必要性を感じないと言っている歯医者が大多数なので、最低限、イメージだけで選ぶのはやめましょう。

フッ素入りの歯磨き剤を我が娘に使うのは危険ではないか、と考える母親がいます。
スピード買取.jp

理由なのですが、フッ素をたくさん摂取すると、フッ素中毒や斑状歯といった病態が生じるかもしれないので、ということです。

フッ素は、常識を超える大量のフッ化物の含有量が認められる水を飲んだら、健康に悪い影響がある危険性があるのは、お医者さんの周知事項です。

つまり、換言すると、歯磨き剤から取り込むくらいの量だとしたら、そんなに気にする必要はないというのが普通ですから安心して問題ありません。